はさがけ

Posted at 10/17 3.関川村の秋 »

20081017.jpg

刈り取った稲の一部は、ご覧のとおり天日干しにします。

20081017_2.jpg

今はほとんど見られなくなった風景ですね。

天日乾燥のお米も抜群ですが、乾燥した稲ワラも私たちは大切に扱います。
好評いただいていますワラ細工の数々。
このようなワラを使っているのです。


20081017_3.jpg

完全無農薬米、有機低農薬米の田圃では、コンバインで刈り取った際のワラは細断して田圃に戻しています。そのまま冬を越し、栄養分として土に戻っていきます。その時微生物が活躍して生きた土になっていくのです。


月別アーカイブ