穂肥(ほごえ) 2016.7.28

Posted at 07/28 無農薬コシヒカリを育てる » コメント(0)» トラックバック(0)»

20160728-1

穂肥とは、登熟期に肥料を与えること。

無農薬コシヒカリ、【極上】こだわり米の田んぼには、こちらの有機肥料を使っております。

この時期の肥料は、稲の育ち方を見て、育ちが遅いと判断する部分に狙い撃ちで与えています。

20160728-2

20160728-3

ご覧のとおり、アイガモに食べられてしまった箇所は、稲の量が少ないので、養分をしっかりと吸収し「濃い緑色」をしています。

それに対し、中央部では、ところどころ「薄い黄緑色」の箇所がでています。春からの養分を使い果たしているということです。こちらの箇所へ肥料を与えていきます。

20160728-4

穂肥作業中

 

20160728-5

出穂(しゅっすい)は、あと1週間から10日程後というところです。

今現在は、穂先の内部で穂が育っています。

写真右が「無農薬コシヒカリ」の幼穂(ようすい)です。まだ2cm程度です。

写真左は「コシヒカリ早生品種」の幼穂です。まもなく出穂というところまで育っています。

 

梅雨が明けて一週間、今日の気温は30度。かなり暑くなりました。まだ熱帯夜はありませんが、昼夜の寒暖差で、おいしいコシヒカリに育ってほしいものです。

"穂肥(ほごえ) 2016.7.28"へのトラックバック

トラックバック先URL

"穂肥(ほごえ) 2016.7.28"へコメントを投稿

上の情報を保存する場合はチェック

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

カウンター
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません